チントレ法「ミルキング」の効果は?ジェルキングとの違いとトレーニング時の注意点

チントレはちんこを大きくするために効果的とされている、エクササイズトレーニングです。

チントレにもさまざまな種類ややり方があるのをご存じでしょうか。

なかでも比較的有名なのが、「ミルキング」というチントレ法です。

しかし、ジェルキングなどほかのチントレ法との違いがいまいち理解できていない人も少なくないようです。

本記事では、そんなミルキングのチントレ法について、その効果や違い、注意点などを詳しく解説していきます。

有名なチントレ法、ミルキングとジェルキングの違い

チントレとは、はちんこを大きくしたり太くするためのトレーニング全般を指していいます。

しかし、チントレにもいろいろなやり方があり、それぞれに得られる効果も異なってきます。

チントレの中でメジャーなのが、ミルキングとジェルキングといった方法です。

名前がよく似ているので、同じトレーニング法だと思われている方も多いようですね。

どちらもちんこの海綿体に血液をたくさん送り込むことで、増大効果を得るためのチントレ法という点には変わりはありません。

目的や得られる結果は同じなため、一部情報ではミルキングがジェルキングの別名のようにも言われていますが、実際は別々のチントレ法です。

ミルキングとジェルキングとでは、血液を送り込む際の手の動きに違いがあります。

ミルキングはちんこの根元から順に指を握りみ、加圧させていくことで亀頭まで血液を送り込んでいきます。

一方、ジェルキングは指で輪を作り、ちんこを握った状態のまま亀頭へとスライドさせていく形で、血液を送り込んでいくのです。

ミルキングもジェルキングも、どちらも亀頭へ向かって血液を送り込んでいくのは一緒です。

どちらが効果的かといわれると、どちらも同じといった答えになります。

ただし、どちらかといえばミルキングの方がやりやすく、継続するのに向いているチントレだといえます。

ジェルキングは握りこんだ指をスライドさせていく必要があるため、やりにくさやデメリットがあるからです。

ジェルキングのデメリット

  • 勃起させてから行う必要がある
  • スライドさせると摩擦が起きて痛みを感じやすい
  • 皮膚が引っ張られて伸びてしまうことがある
  • 痛みや摩擦を軽減させるためローションを使用する必要がある

チントレでローションなどの小道具が必要となると、どうしても取り組むのが億劫に感じられてしまいますよね。

チントレ後にべたべたのちんこを処理するのも、なんだか嫌だし面倒ですよね。

また、痛みを感じてしまうようなトレーニングだと、毎日継続するのが大変にもなってしまいます。

その点、ミルキングの場合は、スライドさせる必要がないためちんこへの負担が少なく、ローションなどの道具も必要ありません。

半勃起状態で行わなければいけないという点はある意味デメリットではありますが、慣れればそんなに大変なことではないでしょう。

このように、多くのデメリットがあるジェルキングよりかは、デメリットの少ないミルキングの方がおすすめだといえるのです。

チントレは、正しく行うことと継続することが重要です。

どちらもちゃんとやれば、えられる効果は一緒です。

しかし、継続してチントレを行いやすいミルキングの方が、結果として効果を得られやすいといえるのかもしれませんね。

ミルキングの効果とペニス増大につながる理由

ミルキングは、ペニス増大に効果的なチントレ法です。

チントレを行うと、ちんこ全体の血行が良くなります。

亀頭に向かって少しずつ圧を加えていくため、ちんこの先端や毛細血管の先々まで、血の巡りが良くなる効果がえられます。

チントレを継続していくことで、あまり血液が届いていなかった血管にまで血液が回るようになるのです。

ちんこは筋肉ではなく、海綿体という血管の集まりです。

この血管に流れる血液量を増やしてあげることにより血管が拡張され、ちんこ自体の体積も増えていくこととなります。

この一連の流れが、チントレによってペニスが大きくなる理由です。

血行を良くすることだけが目的ならオナニーやセックスの頻度を上げればいいだけのこと。

しかしチントレの場合、加圧によって強制的に血管に血液を送り込んでいくため、オナニーよりも増大効果が高くなります。

普段あまり血液が行き届かない毛細血管の先まで、しかっかりと血液を送り込む行為を繰り返すことに、チントレを行う意味があるのです。

ミルキングのやり方と手順は?

ミルキングは小道具などや下準備をする必要がないため、思い立った時にいつでもできるのが魅力です。

負担をかけない程度に1日数セットを行い、増大効果が実感できるまでの間、数か月継続することがポイントになります。

ミルキングのやり方や手順は以下の通りです。

  • ちんこを半勃起状態にしておく
  • 手のひらを下に向ける形にし、人差し指と親指でちんこの根元を握る
  • その形のまま、中指、薬指、小指と順に加圧させながら握りこんでいく
  • その状態のまま5秒ほど血液を貯めるイメージでキープ
  • 亀頭のあたりがぷっくりするのを感じたら、ゆっくりと指を離す

この流れで1回となります。

慣れないうちは、1日1回程度でもOKです。

慣れてくれば、少しずつ1度に行う回数を増やしていくと良いでしょう。

ミルキングのポイントは、しっかりと血液を亀頭まで送り込むことです。

5本の指でしっかりとちんこを握り、血液でちんこがパンパンになる状態をキープすることが重要です。

痛みを感じるほどギューッと握る必要はありませんが、血液が逃げてしまわないようある程度の圧を加えることは意識して行うようにしましょう。

より効果を高めるためのミルキングの回数や頻度

ミルキングはちんこに圧を加えるトレーニング法のため、最初のうちは無理をしないことが大切です。

しかし、ちまちまやっていたのでは、いつまでたっても効果が得られないのでは?と思われる方もいるでしょう。

よりミルキングの効果を高めたいという場合は、1日に行うトレーニングの回数や頻度をアップさせるのもありです。

先ほど紹介したミルキングの流れを15から20回ほど繰り返すのを1セットし、1日3セットほど行うのが理想的な回数や頻度です。

また、握りこんだ後のキープ時間を、5秒から10秒ほどに伸ばすのも効果的です。

ちんこや亀頭に送り込まれる血液量を増やすことが増大につながるので、回数や時間を延ばすと効果も高まるというわけですね。

ミルキングを行う際の注意点

少しでも早くちんこを大きくするには、チントレの回数や頻度を増やすのは確かに効果的です。

しかし、やりすぎは禁物。

あまりにもちんこに負担をかけすぎてしまうと、思わぬケガにつながってしまう場合もあります。

ミルキングなどのチントレで最も多いのは、水ぶくれやみみずばれなどのトラブルです。

圧迫して貯めた血液によって、亀頭部分がうっ血してしまうのが主な原因です。

手で圧を加えるだけのミルキングでは、よっぽど長時間圧を加えない限り、壊死してしまうようなトラブルは起こりません。

しかし、痛みを感じたり違和感を覚えるようなことがあれば、いったんチントレはお休みするようにしましょう。

ちんこの色が変わるほど強引に圧迫したり、痛みを感じているのに継続したりするのはNGです。

なるべく負担をかけないよう、無理せず自分のペースで行うことが大切です。

ペニス増大サプリを組み合わせて効果アップを狙う

ミルキングなどのチントレは、継続することで少しずつ効果を発揮します。

しかし、その効果には即効性がなく、実感を得られるまでにはそれなりの時間も必要となります。

チントレのみを実践していると、なかなか思うように効果が得られず、結果が出る前にチントレをやめてしまう人もいるほどです。

もし、少しでも早くサイズアップ効果を実感したいというのであれば、チントレにチンコ増大サプリを組み合わせるのがおすすめです。

ペニス増大サプリには、ちんこの血流を高めてくれる栄養素や成分がしっかりと配合されています。

血液量がアップすれば、その分チントレによるちんこの増大効果を加速させることが可能になります。

とくにシトルリンやアルギニンなどの必須アミノ酸が、十分に配合されている増大サプリが効果的です。

サプリメントを継続的に摂取していけば、ちんこだけでなく体全体の結構も良くなり、より相乗効果を高めることにもつながります。

これは、僕自身が実際に試して実感した結果です。

増大サプリと組み合わせてチントレをしていなければ、もしかすると僕も思うような結果が得られず挫折をしていたかもしれません。

少しでも効果を早く実感したい方や、より増大効果を高めたいという方は、ぜひチントレにペニス増大サプリを組み合わせてみてください。

チントレと増大サプリ、上手に組み合わせれば、きっと満足のいく効果を実感できるはずですよ。