太ったデブのちんこが小さいって本当?肥満で小さい原因と大きくする方法

肥満体形で太った人は、ちんこも小さいといわれることがよくあります。

女性たちに聞いてみると、太った人のちんこが小さいと感じることが多いようなのです。

これっていったい、どういうことなのでしょうか。

そこで本記事では、肥満体系とちんこのサイズの因果関係について調査してみました。

すると驚くべきことが分かったのです。

自分は太っているほうだという自覚があり、ちんこのサイズに関しても悩んでいる方は必見ですよ!

太っているとちんこが脂肪に隠れて小さく見える

デブ体系でさらにちんこまで小さいなんて!と、コンプレックスに感じている男性もいるかもしれませんね。

実際太っている人で、ちんこのサイズが小さいと感じている方は少なくありません。

そうなるとデブはちんこが小さいものなのだと思われがちですが、実際はちょっと違います。

これはもともとちんこが小さいということではなく、太ったことによって小さくなってしまったというのが正しいのです。

体形がスリムだったときはしっかりとした長さがあったのに、太るとともに脂肪によって隠れてしまうことがあるのです。

簡単にいうと、お腹の肉に隠れてちんこが見えなくなってしまっているというわけですね。

これが、「デブにはちんこが小さい人が多い」とされることの真実です。

身体に脂肪がつくことによって小さくなったわけですから、肥満を改善することで本来あるべきちんこのサイズを取り戻せることでしょう。

肥満が血行不良を引き起こしてちんこが栄養不足に

デブのちんこが小さく見えるのには、お腹や下半身に脂肪がたくさんついてしまうことが関係しています。

しかし必ずしも、それだけが原因とは限りません。

実は太っていることにより、ちんこ自体が退化してしまう場合もあるのです。

太っている人というのは、コレステロール値も高く血液の流れが悪いケースも多くみられます。

体中の血行が悪くなると、ちんこを流れる血流も悪くなってしまいます。

ペニスというのは多くの血管の集まりのようなものですので、血行が悪くなれば当然サイズにだって影響が出るでしょう。

ちんこの毛細血管も含めて十分に血液が行き届かなければ、栄養だって十分にいきわたりません。

そんな状態を長年続けていれば、ちんこにとっても良くないことはわかりますよね。

長い間血流がちゃんといきわたらない状態が続けば、ちんこのサイズの大小どころか、勃起力にだって悪影響を及ぼしかねないのです。

最悪の場合、中折れを起こしやすくなったり、EDなどの勃起障害が起こってしまったりする可能性だってあるのです。

太っている人がちんこを大きくするための方法

太っている人がちんこを大きくする方法は、とてもシンプルなものです。

とにかくやせるなどして、ちんこを覆い隠している脂肪を取り去ってしまえばいいのです。

しかしそのためには、さまざまな手段があります。

自分自身がデブだと感じている人が、本来のちんこのサイズを取り戻すための方法をいくつかご紹介します。

自分がデブだと思うのなら、まずはダイエットに取り組もう

お腹や下半身に脂肪がつき、それによってペニスが隠れてしまっているのであれば、まずはやせることが先決です。

ちんこへの血流改善のためにも、できれば全身のダイエットに取り組んで、身体全体の血流を良くしてあげることが重要です。

しかしかなり太ってしまっている方のダイエットの場合、すぐには効果が得られるものではありません。

モチベーションの維持のためにも、まずは下半身を中心にスリムアップを図ることをおすすめします。

下っ腹だけでもスリムになれば、ちんこの見た目は大きく違ってくるはずです。

下半身に効くエクササイズや、トレーニングなどを取り入れたりするのも良いでしょう。

まずは下腹部の脂肪をすっきりさせて、埋もれて見えなくなっているちんこを救出してあげることが大切です。

重ねて全身のダイエットにも取り組みちんこや全身の血行を良くしていくことで、ちんこをさらに増大させることもできます。

ダイエットはすぐに効果が得られるものではありませんので、焦らずじっくりと計画的に取り組んでいくことがポイントとなりますね。

腹筋を鍛えるだけでもペニス増大効果が期待できる

全身スッキリと痩せるには、かなりの時間がかかります。

しかし下腹部の腹筋を鍛えて、きゅっと引き締めるだけでも、ちんこが長く見える効果が期待できます。

腹筋が鍛えられれば下腹部の脂肪も減っていきますし、お腹が引き締まることで、ちんこが前の方へ出て大きく目立つようにもなるのです。

腹筋を鍛えるトレーニングを取り入れるのも良いですし、EMSなどのダイエット向け機器を活用して集中的に鍛えるのも良いでしょう。

下腹部や下半身の筋力アップは、セックスの持久力アップにもつながります。

腹筋トレーニングのついでに、PC筋やBC筋などちんこ周りの筋肉も鍛えれば、勃起力を高めることもできて一石二鳥ですよ。

脂肪を取り除く手術を受けるという方法もある

ちんこの根元にたっぷりと蓄えた脂肪がなくなれば、本来のちんこの姿が現れることは確かです。

しかしちんこが埋もれてしまうほどの肥満に悩まされている人の場合、そう簡単に脂肪を落とせるものではありませんよね。

とくに下腹部の脂肪は、ダイエットでもなかなか落とせないともいわれています。

このような場合においては、手術によって脂肪を取り除いてしまうのが最も手っ取り早い方法となります。

そんな手術があるのか?と思われるかもしれませんね。

しかし増大手術などを行うメンズ向けクリニックなどでは、ちんこの根元の脂肪を吸引する手術法が実在しているのです。

この術式は脂肪吸引式長茎手術と呼ばれており、れっきとしたペニス増大方法のひとつとして多くの方に施術されています。

ほんの数ミリ下腹部を切開し、細い管や注射器などで脂肪を吸引するだけですので、痛みも少なく効果も確実です。

何度もダイエットに挑戦してきたものの下半身だけはどうしても痩せられなかったという方は、手術による脂肪吸引も検討してみるのも良いかもしれませんね。

ただし脂肪吸引式長茎手術は、あくまでもちんこの根元の脂肪を取り除くだけの手術です。

全体的に太った肥満体系の方の場合は、この手術を受けただけでは全身の血流改善には至りません。

血流が改善されない限り、ちんこのサイズアップまでは期待できないでしょう。

ちんこの本来の長さを取り戻して自信がついたら、ダイエットなどに取り組むなどし、全身のスリムアップを図ることも検討すると良いですね。

ペニス増大サプリで血行促進しデブもちんこの悩みも解消させよう

肥満の方がちんこを長く見せるためにダイエットに取り組む際、合わせて利用してほしいのがペニス増大サプリメントです。

実はペニス増大サプリにはシトルリンやアルギニンなど、ダイエットや筋トレをサポートしてくれる栄養素が多く含まれているのです。

とくにシトルリンは、血流を改善して新陳代謝を高める効果が期待できます。

またアルギニンには食欲を抑える働きがあるとされているため、食事制限中の強い味方にもなってくれることでしょう。

もちろんダイエット中に活用することで、ダイエットを支えてくれるだけでなく、ちんこのサイズアップも見込めます。

脂肪が落ちてスッキリしたころには、きっと元のちんこのサイズよりも大きくなっていることでしょう。

どうせ努力をするのであれば脱デブだけでなく、ちんこのサイズアップも一緒に勝ち取りましょう!