ちんこを大きくするマッサージの方法!増大効果を高めるコツがある

自宅でちんこを大きくするための方法としては、チントレが有名ですよね。

しかしチントレ以外にも、ペニス増大マッサージという増大方法もあるのです。

その名の通り、ちんこをマッサージすることでサイズアップを図るための、ペニス増大法のひとつです。

マッサージなんかでちんこが大きくなるの?と疑問に思われる方もいるかもしれません。

しかし正しい方法で毎日取り組めば、ペニス増大マッサージでもしっかりと増大効果が得られるのです。

本記事では効果を実感するための正しいペニス増大マッサージの方法や、より効果を高めるためのコツについて解説していきます。

ペニス増大マッサージはチントレ前のプレエクササイズとしてもおすすめです。

チントレの前に取り入れることで、増大効果をより高めることもできますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

マッサージ効果を高めるための事前準備

ペニス増大マッサージでちんこのサイズアップを目指すためには、事前の準備をしっかりと行うことが大切です。

こうした準備をするかしないかで、実感できるまでの期間やその効果に差が出てくるといっても過言ではありません。

まずはペニス増大マッサージを行う前にやっておくとより効果的な、ポイントやコツを紹介します。

ちんこを温めて血行を良くしてから行う

ペニス増大マッサージは、以下の2つのポイントを満たすことによって増大効果を狙う手法となります。

  • ちんこの皮膚や根元のじん帯を柔軟にする
  • ちんこの血流をアップさせる

マッサージ前にちんこを適度に温めておくことが、大きなポイントとなります。

ちんこの血行を高めれば、皮膚やじん帯などへの負担を軽くする効果が得られるのです。

海外では靴下にお米を入れたお手製のカイロのようなものを、電子レンジで1分ほど加熱して使うことが多いようですね。

しかしこうしたグッズよりもホットタオルを使ったほうが、手軽で安全にちんこを温められます。

ホットタオルは以下のような手順で、簡単に用意することができます。

  1. タオルを水で濡らして十分に絞る
  2. ジッパー式の保存袋に濡れたタオルを入れる
  3. 電子レンジに入れて500ワットで1分ほど加熱
  4. タオルを袋からとり出し、両手でパフパフと叩いて粗熱を取る

必ずホットタオルが熱すぎないことを確認してから、ちんこをタオルで包んであげましょう。

タオルを温める目安としては、ちんこの血行が良くなる程度で十分です。

それ以上熱くしてしまうと、ちんこをやけどしてしまう危険があるので注意しましょう。

正確に測るのはむずかしいとは思いますが、だいたい40℃程度のホットタオルで5分ほどちんこを温めてあげるのがベストですね。

お風呂場で行えばより効果もアップ!

ホットタオルでちんこだけを温めるより、身体全体の血流を高めてからピンポイントでちんこを温めたほうがより効果的です。

もしも可能であれば、ホットタオルでちんこを温める前に、入浴を済ませておくのがおすすめです。

シャワーを浴びるだけでも効果はありますが、できればしっかりと湯船に浸かって血行を良くしておく方が良いですね。

身体全体を温めて血流を良くしてから、ホットタオルでちんこを温めることで、ペニス増大効果をより高めることができます。

温まった浴室内で増大マッサージが行えるのであれば、そのままマッサージを始めるのがベストです。

あらかじめ電子レンジで少し熱めにホットタオルを温めておけば、入浴後にちんこを温めるのにちょうど良い温度にすることもできますよ。

ペニス増大マッサージのやり方

身体やちんこをしっかりと温めたら、そのままつづけてペニス増大マッサージへと手順を進めていきましょう。

慣れるまではむずかしく感じられるかもしれませんが、覚えてしまえばとても簡単です。

流れとしては以下のような感じになります。

  1. ペニスを前へけん引するマッサージ
  2. 上下左右に引っ張りながら倒すマッサージ
  3. カリの部分を圧迫して亀頭に血液を溜める

それぞれのマッサージを正しく行うことで、増大マッサージの効果を最大限に引き出すことができます。

3つの手順をそれぞれに分けて、わかりやすく説明していきますね。

ペニスを前へけん引するマッサージ

まずはペニスの根元のじん帯をゆるめ、身体に埋まっている部分のちんこを引き出すマッサージからスタートします。

このマッサージを行うときは、必ずちんこが勃起していない状態で行うようにしてください。

勃起した状態でちんこを無理やり引っ張ると、ちんこのケガや肌トラブルの原因となります。

ちんこを引っ張るときは、亀頭のあたりを軽くもつようにします。

そのまま身体の前の方へと、痛みを感じない程度に引っ張りましょう。

30秒ほど引っ張ったら、一度力を抜いて10秒ほど休憩します。

休憩した後はまた30秒ほど引っ張り、同じく10秒休憩する感じです。

このようなひっぱって休憩する動作を5分繰り返します。

この5分間の動作を1セットして、合計5セット行うのが理想です。

上下左右に引っ張りながら倒すマッサージ

次はちんこを上下左右に引き倒す増大マッサージです。

このマッサージはちんこの根元のじん帯をゆるめて柔軟にし、ちんこが長くなるようにするためのものです。

また根元部分の血行を良くすることで、ちんこに十分な血液を届け、サイズアップへとつなげる目的もあります。

このマッサージもけが防止のため、ちんこが勃起していない状態で行います。

亀頭のあたりを持ち、まずは上に引き上げて30秒ひっぱり、その後10秒間休憩します。

つづけて下に引き下げて30秒引っ張り、10秒休憩しましょう。

そのまま、同じように左と右とでそれぞれ30秒引っ張り、10秒休みます。

上下左右に引っ張り休憩をするといった動作を、2回繰り返して1セットとカウントし、合計で5セット行います。

カリの部分を圧迫して亀頭に血液を溜める

最後は亀頭を増大させるためのマッサージです。

この増大マッサージは、勃起した状態で行います。

ちんこのカリの部分を圧迫するような形で、ぐっと力を加えて握ります。

亀頭に血液がたまるのを感じ、亀頭部分の色が少し変化したら力をゆるめて血流を解放してあげましょう。

この動作を10回ほど繰り返しておしまいです。

ちんこをひっぱってあげるマッサージでは、どちらも体に埋まった根元部分を引き出すことにつながり、長さアップ効果が見込めます。

亀頭に血液を溜めるマッサージでは、チントレのジェルキングと同様に亀頭増大効果が期待できることでしょう。

これらの3つのマッサージを継続すれば、長さアップや亀頭の増大など、ちんこ全体のサイズアップ効果を実感できます。

ペニス増大マッサージは、一度覚えてしまえば決してむずかしいことはありません。

少しでも早くちんこを大きくしたいという気持ちもあるかとは思いますが、まずは焦らず自分のペースで継続していくことが大切です。

慣れないうちはセット回数を少な目にしたり、週に行う回数を抑えるなどして、あまりちんこに負担をかけないようにしてあげると良いですね。

ペニス増大サプリを併用して増大効果をアップさせる

ペニス増大マッサージはちんこの血流を高めてくれるため、チントレ同様ちんこのサイズアップ効果が期待できます。

ですがペニス増大サプリを併用することで、よりちんこを大きくさせることが可能となるのです。

ペニス増大サプリには、アルギニンやシトルリンなどちんこの血流アップにつながる成分が多く含まれています。

またマカや亜鉛など、男性ホルモンの分泌を高めて精力アップにつながる成分なども、あわせて配合されているサプリも多くあるのです。

こうした増大サプリの併用は、増大マッサージやチントレのサポートにつながります。

結果、効果を実感するまでの期間を短くし、ちんこをより大きく育てることもできるのです。

ペニス増大サプリはセックスの持続力アップや、硬さの維持などにも効果的なアイテムです。

ちんこのサイズアップだけでなく、パートナーとのセックスをより楽しむためにもおすすめですね。