ちんこが小さい男は満足できない?セックスで感じるペニスサイズの違いと改善策

ちんこが小さいと、見た目にも迫力が出ないばかりでなく、セックスの際に女性を満足させることもできないといいます。

実際女性たちに聞いてみると、口を濁しつつも「ちんこが小さいとやっぱり不満」という声が返ってくることがほとんどです。

およそ7割の女性が、小さいちんこだとセックスの際に気持ちよく感じられないと答えるというのです。

セックスには相性やテクニックもあるといいますが、サイズも関係していたとなるとやはりことは深刻。

小さいと感じている場合には、何とか改善せねばいけませんよね。

ではいったいどれくらいのサイズだと小さいと感じ、どれくらいになれば満足してもらえるものなのでしょうか。

本記事では女性がセックスで満足のいくペニスのサイズや、それを克服するための改善策について解説していきます。

どれくらいのサイズのチンコだと小さいって言われるの?

小さいちんこは、セックスの際に気持ちよさが足りないと感じている女性がたくさんいます。

また同時に、普通のサイズであれば問題ないという女性もたくさんいるのです。

いったいどれくらいだと普通のちんこで、どれくらいのサイズだと小さいちんこだというのでしょうか。

女性たちの基準でいうと、10センチ以下のちんこは小さいと感じられるようです。

13センチほどのサイズであれば、まぁまぁ普通かなと思われるといいます。

オナニー関連商品TENGAを販売する大手メーカーによる調査結果では、日本人男性のペニスの平均的な長さは13.56センチという結果が出ています。

TENGA:日本人の平均ペニスサイズが明らかに! | TENGA FITTING(テンガフィッティング)

ということは、とりあえず日本人の平均サイズに達していれば、女性目線でもOKということになるのでしょう。

女性たちに小さいといわせないためにも、せめて13センチはクリアしておきたいところですね。

デカいちんこと小さいちんこではセックスにどんな差が出るのか

デカいちんこと小さいちんこ、セックスの際にはどのような違いがあるというのでしょうか。

女性たちがもっとも違いを感じるのは、挿入時の圧迫感だといいます。

小さくて細いちんこは入れるときに圧迫感がなく、すべりこむような感覚があるだけで気持ちよくないようです。

それに比べてデカいちんこは、膣を押し広げるようにして入ってくるため、それがたまらなく快感なのだそうです。

女性の膣の長さは8~9センチほどだといわれているので、女性が求める10~13センチのちんこの長さがあれば奥までしっかりと突くこともできます。

さらに言えば、亀頭がデカくてカリが高いと、申し分なしだそうですよ。

亀頭がデカいと、膣の中の性感帯をひっかくようにして刺激することもできるし、何より気持ちよさにメリハリがつくんだとか。

一度でもデカいちんこを経験すると、やはり小さいちんこでは満足できなくなってしまうのも納得できます。

これは何としてでも、平均的な長さや太さのちんこを手にする必要がありそうですね。

ちんこが小さいことが原因で彼女に振られることもある

「セックスにちんこのサイズは関係ない、好きな女性とは愛やお互いの性格で結ばれているんだ。」

そう信じて疑わない男性もいることでしょう。

ちんこが小さいことを理由に、彼女と別れることになったりしたら、あまりにもショックが大きすぎますよね。

ですがちんこのサイズがもとで女性に振られてしまうことは、決して珍しいことではないようなのです。

身体の相性が合わないということは、女性にとって非常に重要なこととなります。

このまま満足できないセックスが一生続くと思うと、人生に絶望し、うんざりしてしまうとさえいいます。

セックスのテクニックは、お互い工夫次第でなんとでもなるでしょう。

大人のおもちゃなどを活用すれば、もっと気持ちよいセックスライフを送ることもできるかもしれません。

ですがちんこのサイズばかりは、女性の立場ではどうすることもできない問題です。

女性のなかには、ちんこが小さいことが別れの理由だといわず、本心を隠したまま別れてしまう方もいるようです。

僕自身、以前はちんこが小さいことが悩みでした。

しかし当時は、パートナーにそれを指摘されたことは一度もありませんでした。

ですがサイズアップを果たした後になってから、彼女が本音を話してくれたのです。

「こんなこと昔は言えなかったけど、正直あの頃は少し物足りなさを感じていた」と。

今では「今までのセックスとは比べものにならないくらい、入ってくる時の快感がたまんない」って喜んでくれています。

このことによって、やはりテクニックや愛情だけじゃカバーできなかった問題だったんだなと、強く実感しましたね。

ちんこがでかいか判断するための身体的特徴を女性たちに聞いてみた

女性たちはセックスをする関係になる前に、ちんこのサイズが小さいかでかいか、ある程度算段することがあるといいます。

なんと男たちの身体のパーツの大きさなどで、ちんこが大きいかどうかある程度判断しているというのです。

いったいどうやって見極めているのか、その方法が気になるところですよね。

実際にデカかったかどうかは別として、どのような基準で判断しているのか聞いてみました。

鼻の大きさでちんこが大きいかを判断する

ちんこがデカい人は、鼻のサイズもでかいと昔からよくいわれていますよね。

鼻とペニスのサイズに相関関係があるかどうかは医学的には研究されておらず、エビデンスが得られているものではありません。

ですが俗説として昔から伝わることであり、統計的にも大体あっていることが多いようです。

なかには鼻が大きくてもちんこが小さい男性もいるようですが、デカい確率もかなり高いといえそうですね。

ちなみにかの有名な、高須クリニック院長の高須克弥氏は、これまでの経験上、鼻よりも鼻の下の長さの方がちんこの長さに比例するとインタビューで答えています。

高須院長「鼻の下の長さはペニスの長さに比例する」説を支持

鼻の下が長い男性は、ちんこも長い傾向にあるようですので、こちらも参考になりそうですね。

体格が良くてがっしり体系の男性はちんこもでかい

筋肉質な男性は、見た目にも非常に男らしくて魅力的ですよね。

このような体格の良い男性は、男性ホルモンもたくさん分泌されてることが多いです。

筋肉質で男らしい体つきの男性は、男性ホルモンの分泌が良いため、精力も高くちんこも大きく育つ傾向にあるのです。

ちんこ自体は筋トレでは大きくすることはできませんが、男性ホルモンはちんこのサイズアップに役立ちます。

マッチョな男性やガテン系の男性を前に、女性たちは「あの人もしかして…」と期待のまなざしを向けているかもしれませんよ。

身長はちんこのサイズに比例する?

身長の高い男性のちんこは、平均してデカいことが統計として出ています。

その研究結果によると、身長が160センチの男性と身長170センチの男性とでは、ちんこの長さに2センチほどの差があったというのです。

この結果はあくまでも平均統計ですので、当然例外もあるでしょう。

とはいえ身長の高さは、成長ホルモンや男性ホルモンなどと大きく関係があるものです。

成長期にぐっと身長が伸びた男性は、その時期にちんこも大きく成長していてもなんら不思議なことではありませんよね。

手が大きく指が長い男性はちんこも長い

手の大きな方や指が長い男性もまた、ちんこのサイズが大きめの方が多い傾向にあるようです。

手のサイズや指の長さは、身長の高さに比例することが多いです。

身長が高いとちんこも長い傾向にあることは、統計でも出ているため、ちんこのサイズが大きくてもとくべつ不思議なことはないですね。

合コンなんかで、手のサイズを比較してくるような女性は、意外に手のサイズ以外のことを考えていたりするかもしれませんよ。

ちんこのサイズは足のサイズに比例する

身長が高い男性は、必然的に足のサイズもビッグサイズであることが多いです。

この場合も身長の高さと同様、ペニスのサイズが大きい方が多くなる傾向にあることが考えられます。

ビッグサイズのちんこが好きな女性は、足のサイズが28センチを超える男性と出会ったら、ドキドキしてたりするかもしれませんね。

巷には、たくさんのペニスサイズを測る基準があります。

俗説とはいえ昔から伝わり続けている説なだけあって、それなりに当たっているようですね。

女性たちも、ちんこのサイズが大きいことを期待しながら、さまざまな面から男性を観察していることでしょう。

ペニスが大きな男性の方が、セックスで気持ちよくなれると知っているからです。

もしも背が高くて手足が大きいのに、ちんこが小さいとなると、女性たちの期待を裏切ることにもなりかねません。

そうならないためにも、小さいちんこを大きくする努力が必要になるでしょう。

小さいちんこを大きくするための改善策

たとえちんこのサイズが小さめであったとしても、大きくする方法はたくさんあります。

即効性が得られる方法もあれば、コツコツと努力をして大きくする方法もあります。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

ペニス増大手術で改善する

ペニス増大手術は、もっとも即効性があり、確実にちんこのサイズアップにつながる方法です。

これには専門医による診断や外科手術などが必要となります。

ちんこを大きくするための手術にはいろいろなものがあります。

長径手術

長径手術は、短く見えているペニスを長く見えるようにする手術です。

ペニスと恥骨を固定しているじん帯を緩めてペニスを引き出す埋没陰茎長径術や、ペニスの根元の脂肪を吸引して長さを出す下腹部吸引式長径手術などの方法があります。

亀頭増大術

人体に影響のないヒアルロン酸などの素材を、亀頭部分に注入することで、亀頭を大きくして先細りちんこを解消する増大手術です。

注入する素材によって効果の持続年数が異なります。

陰茎増大手術

自分自身の身体の皮下脂肪やヒアルロン酸などを陰茎部分に注入し、竿自体を太くする増大手術です。

こちらも効果は永久的なものではなく、経年によって少しずつ効果は落ちてきます。

このほかにも、包茎などの問題を抱えている方の場合は、包茎手術を受けることによって、亀頭が大きくなったり以前よりも長くなったりする場合もあります。

包茎の改善だけでなく、増大効果も期待できるので、包茎の悩みがある方は一度相談をしてみるのも良いでしょう。

ペニス増大手術といっても、今は日帰りで受けられるものがほとんどです。

痛みもほとんどなく、すぐに手術前と変わらぬ日常生活が遅れるようにもなります。

ちんこを大きくするための手術では、それなりの費用がかかるといった問題はあります。

しかし今すぐにでも、ちんこを大きくしたいという方や、ピンポイントで改善したいという方にとってはぴったりの方法でしょう。

気になる点がある方は、最寄りのクリニックで相談を受けてみてはいかがでしょうか。

チントレに取り組んで改善する

クリニックでの増大手術は、たしかに即効性があり、効果も確実です。

しかし手術に失敗してしまうリスクというのは、ゼロではありません。

こうしたリスクを負いたくない方や、一切の費用をかけずに自力でちんこを大きくしたいという方には、自宅で手軽に取り組めるチントレがおすすめです。

チントレとはいわゆる、ちんこを大きくするためのエクササイズトレーニングのことをいいます。

ちんこや亀頭に血流をあつめるトレーニングを繰り返すことによって、少しずつちんこが大きくなってくるのです。

ミルキングやジェルキングなど、チントレの方法や得られる効果にはさまざまなものがあります。

基本的には自分の手指を使ってトレーニングを行うので、自宅など好きな場所でいつでも取り組めるのが魅力です。

ジェルキングではローションなどの小道具が必要となりますが、基本的にはお金もかけずにできるのでエコでリーズナブルな増大法となります。

効果が実感できるようになるまでには、半年から1年ほど時間がかかりますが、正しく取り組んでいれば効果は確実です。

ペニス増大器具を使って改善する

手動でのチントレは面倒だという方や、少しでもチントレの効果を高めたいという方におすすめなのが、器具を使った増大法です。

ペニス増大器具にはさまざまなものがありますが、筒状の器具にちんこを入れて真空状態にする、ポンプタイプの器具が人気ですね。

手で行うチントレでは指などを使ってちんこを加圧していきますが、これを手動や自動の器具で簡単にできるのがペニス増大器具の特徴です。

器具の保管場所やお手入れが必要となるなど面倒な面もありますが、独身の方であればとくに問題はないでしょう。

専用の器具があれば手軽にチントレに取り組めるほか、短時間で同等もしくはそれ以上の効果が期待できますよ。

ペニス増大サプリを活用してより効果アップ

ちんこのサイズアップに欠かせないのが、増大効果が期待できる栄養素の補給です。

毎日の食事に気を使うことも大切ですが、より高い効果を得たいという方は、ペニス増大サプリメントを活用するのがおすすめです。

シトルリンやアルギニン、亜鉛やマカなどの成分は、ちんこの血流改善や精力増強に効果的。

これらは普段の食事では、毎日しっかりと補いきれる栄養素ではありません。

だからこそ、サプリメントで補給するのがベストなのです。

ペニス増大サプリは、チントレなどと組み合わせて活用することで、より増大効果もアップ!

より大きくする効果を高め、チントレの効果を実感するまでの期間も短くしてくれます。

ちんこのサイズアップをしたいと願っているのであれば、迷わずペニス増大サプリを活用することをおすすめしますね。