先細りで亀頭が小さいちんこは女性に嫌われる!先細りを解決する具体的方法

ちんこの形やサイズは人それぞれで大きく違います。

人と比べても仕方がないとわかっていながらも、温泉などへ行ったさいには、ついほかの人のペニスに目がいってしまったりするものですよね。

自分のちんこには太さがあるから大丈夫!と安心している方もいるかもしれませんが、女性にとって必ずしもそれが最適かというとそうとは限らないようです。

とくに亀頭が小さく先細りしているちんこの場合、ある程度の太さがあっても満足できないという女性が多いといいます。

いったいそれは、どういうことなのでしょうか。

本記事では亀頭が小さいちんこがなぜ女性ウケが悪いのか、その理由や解決策について解説していきます。

亀頭が小さいちんこに対する女性の反応とその理由

ちんこはとにかくでかければ、女性も条件なしで満足してくれると思っている方。

それは大きな勘違いです。

実は多くの女性たちは、ちんこ自体の太さよりも亀頭と竿部分のメリハリを重視しているといいます。

ある程度の太さがあったとしても、亀頭が小さく先細りのちんこでは、女性を満足させることができないというわけです。

決して亀頭が小さいちんこだと嫌われてしまうということではないのですが、少なくとも物足りなさを感じさせてしまう可能性はあるということでしょう。

ではいったいなぜ、亀頭が小さいちんこだと、セックスの際に満足できないのでしょうか。

その理由を解説していきましょう。

亀頭が小さくて細いと挿入される感じがしない

たっぷりの前戯のあとで気分が高まっているところに、ぐぐ~っと膣を押し広げられながらちんこが入ってくる瞬間というのは、最高に気持ちが良いものです。

亀頭が大きなちんこが入ってくると、この先に待っている快感を想像して、女性はよりたまらない気分になるといいます。

しかし亀頭が小さいちんこの場合、この「押し広げられるような快感」や「圧迫感のある気持ちよさ」は、ほとんどありません。

ちんこ自体が太くても亀頭が小さく先細りした形だと、挿入時に入ってくるという感覚や快感があまり得られないようです。

亀頭に引っかかりがないので膣の中の刺激が少ない

亀頭が大きくカリに高さやメリハリがあるちんこは、ピストンすると膣内の敏感な場所をひっかくように刺激できます。

引き抜く動きをしたときに、カリの部分が気持ち良く感じられるポイントにうまくひっかかり、大きな快感を与えるのです。

この快感は女性の中イキを実現するためにも、重要なポイントとなります。

亀頭が小さく先細りしたちんこの場合、このひっかかる部分がほとんどなく、与える刺激も少なくなってしまうのです。

最悪の場合摩擦も引っ掛かりもなく、ちんこがするりと抜けてしまうような感覚になってしまう自体にもなりかねません。

太くてもメリハリがないと気持ちよさも単調になる

太くて大きなちんこなら、どんな形でも女性は喜ぶはずだと思っている男性も多いでしょう。

しかし実際に女性たちに聞くと、太いだけでは刺激が単調で満足できないと答える方が多くみられます。

亀頭が大きく張り出し、カリと竿の間に高さとギャップがあるちんこの方が、気持ちよさにもメリハリがついて断然いいというのです。

たしかに亀頭が大きいちんこは、見た目にも迫力があります。

女性はこうしたメリハリのあるちんこを前にすると、これがこれから入ってくるんだと想像しておもわずキュンとしてしまうこともあるのだとか。

小さいちんこよりはマシなのかもしれませんが、たとえ太くても先が細ければ女性のウケは格段に落ちてしまうのです。

包茎(仮性包茎・真性包茎)の人には亀頭が小さい人が多い

生まれたときから亀頭が大きい人はいません。

大人になるにつれて少しずつ亀頭が成長して、カリと竿の間に高さが出てくるのが一般的です。

しかし仮性包茎などの問題を抱えている場合、亀頭があまり大きく成長しないまま大人になる場合もあります。

包茎の人に亀頭が小さいタイプが多いのには、こうした理由があるとも考えられているのです。

包茎とは皮が亀頭の先までかぶっているちんこの状態をさします。

勃起をした際に亀頭が露出するタイプの包茎を仮性包茎、勃起をしても亀頭の先まで包皮に包まれたままとなるタイプを真性包茎といいます。

日本人男性の多くが仮性・真性どちらかの包茎であるため、包茎自体は決して珍しいことではありません。

また包茎は病気などではなく、ほとんどの場合支障がないため治療や手術の必要はないとされています。

しかし、包茎の場合にはいくつかデメリットとなることがありますので、補足として解説したいと思います。

不衛生なため性感染症につながりやすい

包茎の場合、亀頭の溝の部分と包皮の間に、恥垢と呼ばれる汚れが溜まりやすい状態になっています。

この汚れは雑菌が繁殖しやすく、嫌なにおいの元となるものです。

亀頭炎や包皮炎といった、ペニスの炎症などを引き起こす原因ともなります。

またセックスの際にはこの恥垢が女性の膣へと入り込み、性感染症を起こしてしまうなどのデメリットにつながることもあるのです。

日ごろから清潔な状態を保てれば問題はありませんが、包皮の間に入りこんでいるため、シャワーを浴びるだけではうまく落とし切れないといった問題もあります。

セックスの際に痛みを感じる場合がある

仮性包茎の方の中には、セックスの際に皮が引き連れて痛みを感じるという方もいます。

また日ごろから亀頭への刺激になれていないと、その刺激を痛みのように感じてしまうこともあるようです。

亀頭を露出させた状態のセックスをどれだけ経験してきたかにもよりますが、痛みによりシンプルにセックスの気持ちよさに集中できない場合もあるのです。

ちなみに挿入時だけに限らず、コンドームを装着する際にも痛みや強い刺激を感じてしまい、装着が甘くなってしまうケースもあります。

場合によっては、正しく装着できずに抜けてしまうということもあるので、注意が必要ですね。

刺激に敏感で早漏になりやすい

包茎の場合、亀頭の露出度が低めのため、刺激に対して極端に弱い傾向にあります。

このためちょっとした亀頭への刺激でも射精してしまう、いわゆる早漏になりやすい状態にあります。

普段から亀頭が露出している場合は下着などの摩擦により、外部からの刺激に対して鈍感ですが、包茎の場合はそうはいきません。

少しでも刺激に耐えられるようにするためには、自分自身で亀頭マッサージなどを行って鍛えるか、手術などで常に亀頭が露出している状態にするしかないでしょう。

亀頭を大きくしメリハリのあるちんこにするための解決策

亀頭が小さいちんこは、女性からの評価があまり高くありません。

少しでも女性に気持ち良いセックスを体感してもらうためにも、亀頭を大きくしてちんこにメリハリを持たせたいところでしょう。

ではいったい、どのようにすれば亀頭を大きく育てることができるのでしょうか。

亀頭のサイズアップにつながる解決策を考えてみました。

亀頭増大手術を受ける

もっとも即効性が高く確実に亀頭を大きくできるのが、亀頭増大手術です。

一般的にはヒアルロン酸などの人体に影響のない素材を、亀頭の部分に注射して大きくする手術となります。

かかる手術費用や効果の持続年数などは、注入する素材によって大きく異なります。

素材の注入は麻酔をしてから行われるため、痛みはほとんど感じることがありません。

手術自体も1時間前後と短時間で終えられるため、比較的多くの方がこの亀頭増大手術を受けているともいわれています。

とはいえ、それぞれ亀頭の大きさや悩みの内容は異なります。

メスを使わない簡単な手術とはいえ、身体への影響やリスクはゼロではありません。

しっかりとクリニックで医師と相談の上、手術を受けるかどうか決めたほうが良いでしょう。

包茎手術を受けて亀頭を常に露出させる

真性包茎の場合は、包茎手術を受けて亀頭を露出させることで、亀頭を大きく育てていくという方法もあります。

真性包茎の場合は勃起時でも先まで包皮に包まれているため、カリに高さがでずセックスにも影響が出てしまうケースも考えられます。

切開をして亀頭を露出させてみたら、思いのほか大きかったことが分かったというケースもあるため、包茎の方は検討の余地はあるかもしれません。

仮性包茎の場合には手術の必要がないケースがほとんどです。

亀頭のサイズやカリの高さなどが気になるという方は、一度医師に包茎手術の相談をしてみると良いかもしれませんね。

亀頭を大きくするチントレを取り入れる

チントレはちんこや亀頭に集まる血液量を増やすことによって、ちんこや亀頭を大きくするためのエクササイズトレーニングです。

チントレのやり方にはいろいろなものがありますが

  • 亀頭に血液を集める「ジェルキング」や「ミルキング」
  • ペニスポンプなどのチンコ増大器具を活用したチントレ
  • 亀頭を中心にマッサージやオナニーをする亀頭オナニー

など、さまざまな方法があります。

どれも亀頭に血液を溜めて血管を拡張したり、刺激を与えて亀頭を鍛えるのが目的です。

亀頭を大きくするためのチントレは、即効性が低く、効果を実感するまで継続し続けなくてはならないといった問題があります。

しかしリスクも低く、コツコツと続ければ効果は実感できるものなので、おすすめの解決策だといえるでしょう。

ちんこ増大サプリの活用で亀頭を大きくして先細りを解消

亀頭を大きくする手術は、即効性が高く確実な亀頭増大方法だといえます。

しかし費用の問題やリスク回避などを考えると、なかなか手術に踏み切れないという方も多いものです。

そうなると現実的なのはやはり、チントレによる亀頭増大法でしょう。

よりはやく効果を実感したいという場合には、ちんこ増大サプリを活用して亀頭が成長するのをサポートするのがベストです。

ちんこ増大サプリには血流アップや精力アップなどにつながる栄養素が、たくさん含まれています。

とくに亜鉛やアルギニン、シトルリンやマカなどの栄養素が含まれているサプリメントがおすすめ。

これらは食事ではなかなか補いきれない栄養素でもあるので、サプリメントでしっかりと補うことが重要です。

チントレとサプリメントを併用して活用することで、より早くより確実に亀頭のサイズアップが望めることでしょう。